トップページ > 高精細印刷

高精細印刷High-Quality Printing

高精細印刷を実現するFMスクリーン、『Staccato』を採用。

「もっと鮮やかに」「質感を出す」「モアレをとる」「中間調ディテールを出す」「にごりをとる」などのお客様からの写真の要望をすべて解決したのが第2世代のFMスクリーン(コダック社Staccato高精細印刷)です。
FMスクリーンは20ミクロンの極小なドットで表現し、400線相当の高精細印刷と同等の仕上りが可能になりました。しかも、従来の環境で安定した印刷が出来るようになり、「高品質=高価格」という常識も覆してくれました。
より身近になった高精細印刷で、訴求力を最大限に活かして下さい。
※当社採用のFMスクリーンは実績のあるコダック社Staccatoを採用しております。

AMスクリーンとFMスクリーンの比較1

AMスクリーンとFMスクリーンの比較2
1.アナログ刷版上での焼き細りや太りなどがあり、不安定で非常に刷版が難しい
→サーマルCTP化により解決。データからダイレクトにドットを焼き付けますので、
 安定感のあるプレート出力が可能になりました。

2.ドットゲインのコントロールが難しい
→当社導入のコダック社SQUAREspotにより解決。プレートにレーザーで真四角(スクエア)に
 焼き付けるハード特許技術を採用。

3.ライトから中間調がザラつき、平アミが綺麗に出ない
→コダック社Staccatoにより解決。Staccato(ソフトウェア)の独自のマイクロドット配列により
 滑らかな平アミを再現します。

 以上のように通常のFMスクリーンの問題点をStaccato(ソフトウェア)とSQUAREspot(ハード技術)により解決しました。より美しく、安定した印刷表現をご提供いたします。

■ FMスクリーンの特徴
 ◎ 鮮やかな発色・彩度の高い色調表現
 ◎ 線切れ、ロゼッタ、モアレの無いシャープな画像再現
 ◎ デザインの自由度がアップします
 ◎ インクを盛ってもハイライト・シャドウ部の色調が変わらない
 ◎ 広い色再現領域

 

ページトップへ戻る

Menu




Copyright(C) 2015 Keibunsha Co.,LTD. All Rights Reserved.